コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂川甫周(2) かつらがわ ほしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂川甫周(2) かつらがわ-ほしゅう

1826-1881 幕末-明治時代の医師。
文政9年生まれ。桂川甫賢の長男。桂川家7代。幕府医官となり,弘化(こうか)4年(1847)西洋医学所教授に就任。オランダ商館長ズーフが編集した蘭日辞書の刊行を幕府にねがいでて,「和蘭字彙(オランダじい)」と名づけて出版した。法眼。明治14年9月25日死去。56歳。江戸出身。名は国興(くにおき)。字(あざな)は禎卿。通称ははじめ甫安。号は月池。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂川甫周(2)の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android