コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田治助(2代) さくらだ じすけ

2件 の用語解説(桜田治助(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜田治助(2代) さくらだ-じすけ

1768-1829 江戸時代後期の歌舞伎作者。
明和5年生まれ。初代笠縫専助(かさぬい-せんすけ)の門から初代治助に入門し,文化5年2代を襲名。脚本は地味であったが,「倭仮名色七文字(やまとがないろのななもじ)」「七枚続花の姿絵」などの豊後浄瑠璃(ぶんごじょうるり)や長唄(ながうた)の作詞に才能を発揮した。文政12年4月14日死去。62歳。前名は初代松島半二。後名は初代松島てうふ。俳名は調布,のち左交。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

桜田治助(2代)

没年:文政12.4.14(1829.5.16)
生年:明和5(1768)
文化文政期に江戸劇壇で活躍した歌舞伎狂言作者。俳名調布のち左交。初代治助に入門,文化5(1808)年,松島半二から2代目治助を襲名し,同14年立作者となる。晩年に名跡を返し松島調夫と改名。長唄「舌出し三番」「浅妻船」,清元「傀儡師」などの詞章に名作がある。

(服部幸雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

桜田治助(2代)の関連キーワード斑糲岩桜田治助(2代)脇坂安董桜田治助岸沢式佐桜田治助集古十種百科事典鶴屋南北俚言集覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone