コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田治助(3代) さくらだ じすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜田治助(3代) さくらだ-じすけ

1802-1877 江戸後期-明治時代の歌舞伎作者。
享和2年生まれ。2代桜田治助の門弟で,天保(てんぽう)4年3代を襲名。6年4代中村歌右衛門にとりたてられて立(たて)作者になった。脚本では改作がおおかったが,常磐津(ときわず)「乗合船恵方万歳」などの舞踊劇が知られる。明治10年8月7日死去。76歳。前名は3代松島半二。後名は狂言堂左交,桜田左交俳名は左交。屋号は山城屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

桜田治助(3代)

没年:明治10.8.7(1877)
生年享和2(1802)
幕末に江戸劇壇で活躍した歌舞伎狂言作者。俳名左交。2代目松島半二を経て3代目治助を襲名,立作者となる。のち狂言堂左交と改名。幕末の一時期人気のあった作者で,「三世相錦繍文章」「乗合船」など多くの作品を残したが,狂言は改作物が多く独創性に乏しい。

(今西晶子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

桜田治助(3代)の関連キーワード松島てうふ(初代)桜田治助(3世)桜田治助(4代)松島半二(3代)松島半二(初代)松島半二(4代)松島半二(2代)笠縫専助(初代)桜田治助(2世)清水正七(初代)田島此助(初代)伊達競阿国戯場鬼神のお松うかれ坊主舌出し三番心謎解色糸佐倉義民伝玉兎・玉兔明治時代鈴木主水

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android