コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田治助(3代) さくらだ じすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜田治助(3代) さくらだ-じすけ

1802-1877 江戸後期-明治時代の歌舞伎作者。
享和2年生まれ。2代桜田治助の門弟で,天保(てんぽう)4年3代を襲名。6年4代中村歌右衛門にとりたてられて立(たて)作者になった。脚本では改作がおおかったが,常磐津(ときわず)「乗合船恵方万歳」などの舞踊劇が知られる。明治10年8月7日死去。76歳。前名は3代松島半二。後名は狂言堂左交,桜田左交俳名は左交。屋号は山城屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

桜田治助(3代)

没年:明治10.8.7(1877)
生年享和2(1802)
幕末に江戸劇壇で活躍した歌舞伎狂言作者。俳名左交。2代目松島半二を経て3代目治助を襲名,立作者となる。のち狂言堂左交と改名。幕末の一時期人気のあった作者で,「三世相錦繍文章」「乗合船」など多くの作品を残したが,狂言は改作物が多く独創性に乏しい。

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

桜田治助(3代)の関連キーワード松島てうふ(初代)清水正七(初代)桜田治助(2世)松島半二(3代)桜田治助(4代)松島半二(4代)松島半二(2代)桜田治助(3世)笠縫専助(初代)松島半二(初代)田島此助(初代)伊達競阿国戯場うかれ坊主心謎解色糸鬼神のお松佐倉義民伝玉兎・玉兔舌出し三番一心太助お祭佐七

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android