コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棚倉[町] たなぐら

百科事典マイペディアの解説

棚倉[町]【たなぐら】

福島県南部,久慈川最上流域を占める東白川郡の町。段丘上の棚倉は城下町として発達,水郡(すいぐん)線が通じる。米作を中心とし,コンニャク,トマト,イチゴを産する。
→関連項目館林藩

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たなぐら【棚倉[町]】

福島県南東部,東白川郡の町。人口1万6547(1995)。阿武隈高地八溝山地にはさまれた久慈川上流域を占め,南西端にある八溝山(1022m)は,福島・茨城・栃木3県の県境となっている。町域の大部分が山林で,久慈川と阿武隈川の支流社川の流域にわずかに平地が広がる。中心集落の棚倉は久慈川の段丘上にあり,1622年(元和8)丹羽長重が棚倉城を築いて以降,城下町として栄えた。現在も郡の中心地で,JR水郡線,国道118号線が郡山と水戸を結んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android