(読み)どんぶり

精選版 日本国語大辞典「丼」の解説

どんぶり【丼】

〘名〙
① 厚手で深い陶製の、食物を盛る。どんぶりばち。
※随筆・耳嚢(1784‐1814)六「豆腐をあつく煮て〈〉丼に入て出しける」
② 金、鼻紙など何でも入れて、ふところに持ち歩く大きな袋。更紗(さらさ)・緞子(どんす)などで作り、江戸時代、若い遊び人が好んで用いた。
※黄表紙・悦贔屓蝦夷押領(1788)「ゑぞにしきで大どんぶりをこしらへてこよう」
③ 職人などの、腹掛けの前部につけた共布(ともぎれ)の大きな物入れ。
※落語・磯の白浪(1890)〈七代目土橋亭りう馬〉「腹掛の隠袋(ドンブリ)の中で金が迂鳴(うなっ)てるんだ」
※俳諧・二葉の松(1690)「暮の眠を覚す丼」
⑤ 江戸時代、瀬戸内海を中心に買積み経営に従事した小廻しの廻船。弁財造り系統の小荷船で、百石から百五十石積程度のものが多い。いさば。
※和漢船用集(1766)四「トンフリ 濁音に読字未考。小船也、百三十石積、百四五十石積の船也」
[補注]「丼」には「集韻」に「投物井中声」とあるように、井戸に物を投げいれた音の意がある。名詞ドンブリに「丼」があてられたのは、井戸に物を投げいれたときの音をさす副詞ドンブリに対応する漢語が「丼」であったことによるか。

どん【丼】

〘語素〙 (「どんぶり(丼)」の変化したもの) 多く食品名の下の方を省略した形に付いて、それを材料としたどんぶりをいう。「うなどん」「天どん」「かつどん」「玉どん」など。
※現代新語辞典(1919)「…どん どんぶりの略。例へば天ぷらの丼飯(どんぶりめし)を天どんといひ。鰻の丼飯をうなどんといふが如きである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「丼」の解説


どんぶり

厚みがあり、大きくて深い焼物の鉢。丼鉢ともいう。丼飯、丼物略称にも用いられる。江戸時代の中ごろから丼の名がみられ、おもにそばかけの類が丼に盛って売られていた。当時は丼には蓋(ふた)がなかった。現在も、そば、うどんなど麺類(めんるい)は、丼に入れて蓋をしないで供している。

河野友美

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「丼」の解説

どんぶり【丼】

食物を盛るための厚手で深い陶製の大きな鉢。どんぶりばち。
職人などの腹掛けの前部につけた大きな物入れ。
サラサ緞子どんすなどで作った懐中用の大きな袋。江戸時代、若い遊び人が好んで用いた。
丼物どんぶりもの」の略。
[類語]茶碗ひつ片口ボウル茶托ソーサーコースター

どん【丼】

どんぶり」の略。「うな」「天

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「丼」の解説

どんぶり【丼】

食物を盛る陶磁器深鉢。また,それに飯を盛ってウナギの蒲焼,てんぷらなどをのせた丼飯,丼物の略称。水に物を投げ入れたときの音をとっての名だというが,はっきりしない。この語は17世紀末ごろから見られ,おもにそばのかけや種物などを入れる器として用いられていたが,1781年(天明1),旗本布施胤致(狂名山手白人(やまのてしろひと))が洲崎の料亭主升屋宗助(ますやそうすけ)を自邸に招待したさい献立書には,平鉢,大鉢などのほかに〈南京染付どんぶり〉の名が見えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android