コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ドン

6件 の用語解説(丼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どん【丼】

どんぶり」の略。「うな」「天

どんぶり【丼】

食物を盛るための厚手で深い陶製の大きな鉢。どんぶりばち。
職人などの腹掛けの前部につけた大きな物入れ
サラサ緞子(どんす)などで作った懐中用の大きな袋。江戸時代、若い遊び人が好んで用いた。
丼物(どんぶりもの)」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どんぶり【丼】

食物を盛る陶磁器の深鉢。また,それに飯を盛ってウナギの蒲焼,てんぷらなどをのせた丼飯,丼物の略称。水に物を投げ入れたときの音をとっての名だというが,はっきりしない。この語は17世紀末ごろから見られ,おもにそばのかけや種物などを入れる器として用いられていたが,1781年(天明1),旗本布施胤致(狂名山手白人(やまのてしろひと))が洲崎の料亭主升屋宗助(ますやそうすけ)を自邸に招待したさいの献立書には,平鉢,大鉢などのほかに〈南京染付どんぶり〉の名が見えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どん【丼】

「どんぶり」の略。 「カツ-」 「天-」 「うな-」

どんぶり【丼】

〔「 どんぶりばち 」の略〕 茶碗ちやわんより深く大ぶりで厚みのある陶製の鉢。
どんぶり物 」に同じ。
職人などの腹掛けの前部に付けてある物入れ。
更紗サラサ・緞子どんすなどで作った大きな袋。江戸時代、若い遊び人などが用いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


どんぶり

厚みがあり、大きくて深い焼物の鉢。丼鉢ともいう。丼飯、丼物の略称にも用いられる。江戸時代の中ごろから丼の名がみられ、おもにそばかけの類が丼に盛って売られていた。当時は丼には蓋(ふた)がなかった。現在も、そば、うどんなど麺類(めんるい)は、丼に入れて蓋をしないで供している。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丼の関連キーワードコペンハーゲンブルー窯元軽め多治見貫乳ペトン装る向付

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丼の関連情報