コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドン

デジタル大辞泉の解説

どん【丼】

どんぶり」の略。「うな」「天

どんぶり【丼】

食物を盛るための厚手で深い陶製の大きな鉢。どんぶりばち。
職人などの腹掛け前部につけた大きな物入れ
サラサ緞子(どんす)などで作った懐中用の大きな袋。江戸時代、若い遊び人が好んで用いた。
丼物(どんぶりもの)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どんぶり【丼】

食物を盛る陶磁器の深鉢。また,それに飯を盛ってウナギ蒲焼てんぷらなどをのせた丼飯丼物略称。水に物を投げ入れたときの音をとっての名だというが,はっきりしない。この語は17世紀末ごろから見られ,おもにそばのかけや種物などを入れる器として用いられていたが,1781年(天明1),旗本布施胤致(狂名山手白人(やまのてしろひと))が洲崎の料亭主升屋宗助(ますやそうすけ)を自邸に招待したさいの献立書には,平鉢,大鉢などのほかに〈南京染付どんぶり〉の名が見えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どん【丼】

「どんぶり」の略。 「カツ-」 「天-」 「うな-」

どんぶり【丼】

〔「 どんぶりばち 」の略〕 茶碗ちやわんより深く大ぶりで厚みのある陶製の鉢。
どんぶり物 」に同じ。
職人などの腹掛けの前部に付けてある物入れ。
更紗サラサ・緞子どんすなどで作った大きな袋。江戸時代、若い遊び人などが用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


どんぶり

厚みがあり、大きくて深い焼物の鉢。丼鉢ともいう。丼飯、丼物の略称にも用いられる。江戸時代の中ごろから丼の名がみられ、おもにそばかけの類が丼に盛って売られていた。当時は丼には蓋(ふた)がなかった。現在も、そば、うどんなど麺類(めんるい)は、丼に入れて蓋をしないで供している。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

丼の関連キーワードどんぶり戦隊どんぶりレンジャー安芸釜あげちりめん丼品達どんぶり五人衆宿毛きびなご丼東京チカラめし伝説のすた丼屋全国丼サミット室戸キンメ丼ブリカツくん神戸らんぷ亭とりこどん立食い蕎麦豚丼の日ぴよ盛り河野友美そらゆきさのまる三崎市場なるこ丼吉野家

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丼の関連情報