櫛形[町](読み)くしがた

百科事典マイペディア「櫛形[町]」の解説

櫛形[町]【くしがた】

山梨県西部,中巨摩(なかこま)郡の旧町。東部釜無(かまなし)川の支流御勅使(みだい)川の扇状地で,桑畑から転換したブドウモモなどの果樹地帯をなす。中心は駿信(すんしん)往還(現国道52号線)沿いに発達した小笠原で,甲州商人の発祥地として知られ,衣類などを行商した。繊維工業が行われる。2003年4月,八田村,白根町,芦安村,若草町,甲西町と合併して南アルプス市となる。42.57km2。1万8920人(2000)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「櫛形[町]」の解説

くしがた【櫛形[町]】

山梨県中西部,中巨摩(なかこま)郡の町。人口1万8375(1995)。甲府盆地西端に位置し,南アルプスの前山である櫛形山東麓を占める。中心の小笠原は駿信(すんしん)往還の宿場町として発展し,現在国道52号線に沿って商店街がのびている。東部の平たん地は御勅使(みだい)川の扇状地で,桑園が多かったが,近年果樹園が広がり,桃を中心にスモモ,ブドウなど果樹栽培が盛ん。兼業農家が増える中で,果樹,畜産に農業経営の自立化をめざしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android