コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川豊国(1世) うたがわとよくにいっせい

1件 の用語解説(歌川豊国(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌川豊国(1世)
うたがわとよくにいっせい

[生]明和6(1769).江戸
[没]文政8(1825).1.7. 江戸
江戸時代後期の浮世絵師。俗称倉橋熊吉,のち熊右衛門。号は一陽斎。歌川豊春の門人。初め黄表紙,絵本類の挿絵,次いで鳥居清長喜多川歌麿の特色を加味した美人画を描く。寛政期頃より役者似顔絵に手を染め,見得の美しさを派手に描いた『役者舞台之姿絵』 (1794~96) が出世作となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌川豊国(1世)の関連キーワード翠岩承堅池田澄時淡海三麿大江広海岡部稠朶加藤泰行久兵衛(初代)玉泉堂堺屋おそで相良福将

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone