コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川豊国(1世) うたがわとよくに[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌川豊国(1世)
うたがわとよくに[いっせい]

[生]明和6(1769).江戸
[没]文政8(1825).1.7. 江戸
江戸時代後期の浮世絵師。俗称倉橋熊吉,のち熊右衛門。号は一陽斎。歌川豊春の門人。初め黄表紙,絵本類の挿絵,次いで鳥居清長喜多川歌麿の特色を加味した美人画を描く。寛政期頃より役者似顔絵に手を染め,見得の美しさを派手に描いた『役者舞台之姿絵』 (1794~96) が出世作となる。さらに文化年間には,歌川風の役者似顔絵と美人画で大衆的人気を博す。国貞国芳,国政ほか数十人の弟子がおり,江戸時代末期の浮世絵界の第一人者。主要作品『風流七小町略姿絵』『七代片岡仁左衛門の藤原時平』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

歌川豊国(1世)の関連キーワード歌川豊春一陽斎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android