コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正犯 せいはん Täter; Täterschaft

5件 の用語解説(正犯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正犯
せいはん
Täter; Täterschaft

みずから各犯罪の基本的構成要件に該当する行為を行う者。狭義の共犯 (教唆犯,幇助犯) に対する概念である。行為者がみずから手を下す場合を直接正犯という。これに対し,他の人間をあたかも道具として利用して犯罪を実行する場合を間接正犯と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せい‐はん【正犯】

自ら犯罪を実行する者。また、その犯行。犯人の数によって単独正犯共同正犯とがあり、犯行方法によって直接正犯間接正犯との別がある。→共犯主犯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

正犯【せいはん】

自ら犯罪の実行行為をする者。共犯に対する。通常は1人で実行行為をする単独正犯をさすが,間接正犯を含む。また共同正犯も含めて用いることもある。
→関連項目教唆軽犯罪法従犯騒乱罪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

せいはん【正犯】

刑法上、犯罪行為を自ら行うこと。各犯罪の構成要件に該当する行為を自ら行うこと。また、そうした行為を行なった者。 → 共犯主犯

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正犯
せいはん

自ら犯罪を実行すること。これに対し、共犯(狭義)は、他人が犯罪を実行するにあたり、これに加担することをいう(教唆犯、従犯がこれにあたる)。正犯と共犯とを区別する基準につき、従来、いくつかの見解がある。主観説によれば、両者は、正犯者の意思か共犯者(加担者)の意思かにより区別されるが、客観説によれば、犯罪実現に「原因」を与えるか、単に「条件」を与えたにすぎないか、によって区別された。その後、正犯の概念につき、制限的正犯論と拡張的正犯論とが現れた。前説によれば、正犯とは、自ら直接的に犯罪を実現した場合であるとされるのに対し、後説では、犯罪の実現になんらかの形で参画すれば、すべて正犯である、と解された。しかし、制限的正犯論では、間接正犯の正犯性が根拠づけられないとの批判があり、拡張的正犯論も、犯罪実現にとって客観的に果たした役割の違いが無視されている、との批判が強い。そこで、今日では、正犯の概念や正犯と共犯の区別につき、さまざまな見解がみられるが、いまなお定説は存在しないといってよい。
 なお正犯にも、正犯者の数の面から、単独正犯と共同正犯とがあり、また、犯罪の実現が直接か間接かにより、直接正犯と間接正犯とが区別されている。[名和鐵郎]
『西原春夫著『犯罪実行行為論』(1998・成文堂) ▽橋本正博著『「行為支配論」と正犯理論』(2000・有斐閣) ▽島田聡一郎著『正犯・共犯論の基礎理論』(2002・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正犯の関連キーワード旧刑法主刑軍刑法公務所射倖契約阻却談合逃亡罪誹毀罪

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正犯の関連情報