コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氏の上(読み)ウジノカミ

デジタル大辞泉の解説

うじ‐の‐かみ〔うぢ‐〕【氏の上】

古代における氏(うじ)の首長。大化の改新以後は朝廷によって任命され、宗家として氏人を統率して朝廷に仕え、氏神の祭祀(さいし)、叙位の推薦、処罰などをつかさどり、一定の政治上の地位を世襲した。平安時代以後は氏の長者という。うじのおさ。うじのこのかみ。

うじ‐の‐このかみ〔うぢ‐〕【氏の上/氏の長】

うじのかみ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うじのかみ【氏の上】

古代における氏族の首長。一族を統率して朝廷に仕え、氏人の訴訟を裁く権限をもち、氏神の祭祀をつかさどった。大化の改新によって制度化され、氏の宗そう(氏族の本家)の官位の最も高い者が任命された。氏の長おさ。うじのこのかみ。 → 氏の長者

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氏の上の関連情報