乗気(読み)のりき

精選版 日本国語大辞典「乗気」の解説

のり‐き【乗気】

〘名〙 (形動) 興味がわいて、気が向いてくること。すすんでやってみようという気持になること。また、そのさま。きのり。
※葉隠(1716頃)二「人の上を見給へ。頓(やが)て乗気さし、自慢・奢が付て、散々見苦く
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「さうほめてくれると僕も乗り気になる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「乗気」の解説

のり‐き【乗(り)気】

[名・形動]進んでやってみようという気になること。また、そのさま。気乗り。「縁談乗り気になる」「先方から乗り気な返事がある」
[類語]意気込み気勢熱意熱気気負い気合い気迫迫力気乗り進取奮って積極的自発的能動的意識的主体的意図的意欲的精力的自主的活動的好んで前向きわざわざわざと強いてたってことさら求めて進んで我勝ち我先我も我も喜んで喜ぶしゃかりきしゃにむにどしどしアクティブアグレッシブポジティブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android