コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷見[市] ひみ

百科事典マイペディアの解説

氷見[市]【ひみ】

富山県北西端,能登半島基部を占める市。1952年市制。中心の氷見地区は富山湾に臨み,漁港として発達,氷見線が通じる。ブリ定置網漁,イワシ漁が特に盛ん。内陸部は耕地が少なく,江戸時代から小間物行商などの副業が発達し,現在も出稼ぎが多い。十二町潟オニバス発生地(天然記念物),朝日貝塚史跡),大境洞窟(史跡)があり,海岸の景勝地は能登半島国定公園に属する。230.56km2。5万1726人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひみ【氷見[市]】

富山県北西部の市。1952年市制。人口5万8786(1995)。能登半島の基部の東半分を占め,東は富山湾に臨み,北と西は石動(いするぎ)山,宝達(ほうだつ)山を主峰とする低い山地をはさんで石川県に接する。仏生寺(ぶつしようじ)川,上庄(かみのしよう)川,余川川,阿尾川などが東流し,下流に肥沃な沖積平野を形成している。中心の氷見は古くから漁業が盛んで,漁港を中心に町が形成されていった。現在の漁港は市街地の北部上庄川河口にあるが,もとは市街地中央部の湊川河口にあり,近世から明治にかけて湊川の中の橋周辺に魚市場,魚問屋,小売商が集中し,町の中心としての活況を呈した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の氷見[市]の言及

【越中国】より

…以後廃藩に至るまで越中は加賀藩富山藩の支配下にあった。中世から続いている近世の町は,守護所のあった放生津,戦国期に城郭のあった富山・魚津,同期に港町であった氷見(ひみ),真宗瑞泉寺の門前町であった井波がある。近世には富山は城下町,魚津,放生津,氷見は港町,井波は門前町として栄えた。…

※「氷見[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android