清元 延寿太夫(4代目)(読み)キヨモト エンジュダユウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

清元 延寿太夫(4代目)
キヨモト エンジュダユウ


職業
清元節太夫

肩書
清元高輪派家元(4代目)

本名
岡村 源之助

旧名・旧姓
斉藤

別名
別名=清元 太兵衛(2代目)(キヨモト タヘエ),清元 延寿翁(2代目)(キヨモト エンジュオウ),号=紫雲庵

生年月日
天保3年

出生地
江戸(東京都)

経歴
妻は2代目清元延寿太夫の娘で、女清元節太夫として知られる清元お葉。江戸・谷中で市中屈指の質屋を営む三河屋の子として生まれる。安政5年(1858年)2代目延寿太夫の婿養子となり、4代目延寿太夫を襲名。河竹黙阿弥と提携して「十六夜」「夕立」「三千歳」「四君子」「雁金」などを作曲、劇場音楽としての清元の地位を高めた。明治24年2代目清元太兵衛、26年2代目清元延寿翁と改名。

没年月日
明治37年 3月16日 (1904年)

家族
妻=清元 お葉(清元節太夫)

親族
義父=清元 延寿太夫(2代目),女婿=清元 延寿太夫(5代目)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android