清元 延寿太夫(5代目)(読み)キヨモト エンジュダユウ

20世紀日本人名事典の解説

清元 延寿太夫(5代目)
キヨモト エンジュダユウ

明治〜昭和期の清元節太夫 清元高輪派5代目家元。



生年
文久2年8月13日(1862年)

没年
昭和18(1943)年5月22日

出生地
東京・本所

本名
斎藤 庄吉

別名
前名=清元 栄寿太夫(3代目)(キヨモト エイジュダユウ)

経歴
15歳で清元菊寿太夫に入門、明治23年12代目守田勘弥らの推薦で4代目延寿太夫の養子となり、翌年3代目栄寿太夫を名乗る。30年歌舞伎座で5代目延寿太夫を襲名し永井素岳作「青海波」「柏若葉」を披露した。近世の名人といわれる美声の持主で、清元ブームの元祖となった。大正3年清元会を創立、素浄瑠璃の演奏会によって清元の音楽的地位の向上に努める。昭和16年軍隊に航空機「延寿号」を寄贈。没後孫の岡村清道が6代目を襲名した。レコード「五世延寿太夫清元名演集」(ビクター)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

清元 延寿太夫(5代目)
キヨモト エンジュダユウ


職業
清元節太夫

肩書
清元高輪派5代目家元

本名
斉藤 庄吉

別名
前名=清元 栄寿太夫(3代目)(キヨモト エイジュダユウ)

生年月日
文久2年 8月13日

出生地
江戸・本所(東京都)

経歴
15歳で清元菊寿太夫に入門、明治23年12代目守田勘弥らの推薦で4代目延寿太夫の養子となり、翌年3代目栄寿太夫を名乗る。30年歌舞伎座で5代目延寿太夫を襲名し永井素岳作「青海波」「柏若葉」を披露した。近世の名人といわれる美声の持主で、清元ブームの元祖となった。大正3年清元会を創立、素浄瑠璃の演奏会によって清元の音楽的地位の向上に努める。昭和16年軍隊に航空機「延寿号」を寄贈。没後孫の岡村清道が6代目を襲名した。レコード「五世延寿太夫清元名演集」(ビクター)がある。

没年月日
昭和18年 5月22日 (1943年)

家族
養父=清元 延寿太夫(4代目),息子=清元 栄寿太夫(4代目),孫=清元 延寿太夫(6代目)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

清元 延寿太夫(5代目) (きよもと えんじゅだゆう)

生年月日:1862年8月13日
明治時代-昭和時代の清元節太夫
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android