コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元延寿太夫(1世) きよもとえんじゅだゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清元延寿太夫(1世)
きよもとえんじゅだゆう[いっせい]

[生]安永6(1777).江戸
[没]文政8(1825).5.26. 江戸
清元節創始者。通称岡村屋吉五郎。初めは富本節の太夫。1世富本斎宮 (いつき) 太夫の門弟。初名富本斎宮吉。寛政 11 (1799) 年2世斎宮太夫襲名。文化8 (1811) 年頃,家元2世富本豊前太夫と不和を生じ,豊後路清海太夫と称して独立,同 11年清元延寿太夫と改名して清元節を創流。文政7 (24) 年延寿斎と号す。劇場出演の帰路,何者かに刺殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

清元延寿太夫(1世)の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物蕪村ズーフ沼波弄山シェリダンハーキマー伊豆大島朝寝坊夢楽アレクサンドル

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android