コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元延寿太夫(4世) きよもとえんじゅだゆうよんせい

1件 の用語解説(清元延寿太夫(4世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清元延寿太夫(4世)
きよもとえんじゅだゆうよんせい

[生]天保3(1832).江戸
[没]1904.3.16. 東京
清元節の家元,太夫 (語り手) 。旧名斎藤源之助。質屋の息子。安政5 (1858) 年2世清元延寿太夫の娘清元お葉の婿となり,襲名。河竹黙阿弥と結び,清元節を歌舞伎音楽として大いに発展させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清元延寿太夫(4世)の関連キーワード加陪仲塗舟橋師賢久保篤見没・歿勃・歿・没お登勢の方筑波庵紫蔭西川伊三郎(初代)堀浄知

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone