コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元延寿太夫(5世) きよもとえんじゅだゆうごせい

1件 の用語解説(清元延寿太夫(5世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清元延寿太夫(5世)
きよもとえんじゅだゆうごせい

[生]文久2(1862).8.13. 江戸
[没]1943.5.22. 東京
清元節の家元,太夫 (語り手) 。旧名斎藤庄吉。 1890年4世清元延寿太夫の養子,1891年3世栄寿太夫となり,1897年襲名。美声で名人と呼ばれ,清元節の語り口上流階級の趣味に合うように改めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

清元延寿太夫(5世)の関連キーワードサイゴン条約黒住教有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)菊池教中柴山愛次郎シーボルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone