コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺美智雄 わたなべ みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺美智雄 わたなべ-みちお

1923-1995 昭和後期-平成時代の政治家。
大正12年7月28日生まれ。栃木県議をへて昭和38年衆議院議員(当選11回,自民党)。48年青嵐(せいらん)会をつくる。福田内閣厚相をはじめ,農水相,蔵相(2回),通産相,党政調会長などを歴任。63年に表面化したリクルート事件に関与。平成2年から渡辺派をひきい,3年副総理兼外相。渡辺喜美(よしみ)の父。平成7年9月15日死去。72歳。栃木県出身。東京商大(現一橋大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡辺美智雄
わたなべみちお

[生]1923.7.28. 栃木
[没]1995.9.15. 東京,新宿
政治家。職業軍人であった渡辺喜助の二男として出生した。栃木県の旧制大田原中学校(今日の栃木県立大田原高等学校)を卒業後,陸軍士官学校の受験に失敗し,東京商科大学(今日の一橋大学)に入学,第2次世界大戦により繰り上げ卒業し,学徒出陣した。戦後,読売新聞社記者や税理士を経て,1955年の栃木県議会議員選挙に初当選。1963年の衆議院議員総選挙で,栃木1区から自由民主党公認候補として初当選し,国政入りした。当選 11回。自由民主党では当初,河野一郎の河野派に所属したが,河野の急死で派閥が分裂すると中曽根康弘率いる政策科学研究所(中曽根派)に属した。1980年に温知会を結成。厚生大臣,大蔵大臣,通商産業大臣,党政調会長などの要職を歴任して頭角を現し,竹下登宮沢喜一安倍晋太郎とともに「ニューリーダー」と称されたが,リクルート事件で失速した。1990年に派閥を継承して渡辺派を率い,1991年と 1993年の自由民主党総裁選挙に出馬したが敗れた。自由民主党が野党であった 1994年,連立与党側から,自由民主党からの離党を条件に内閣総理大臣候補とするという打診があったが,断った。1995年膵臓癌のため死去。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

渡辺美智雄の関連キーワードキルギス(国)宮沢喜一内閣政府専用機中川 一郎伊吹文明浜田幸一自由党

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡辺美智雄の関連情報