湯ノ湖(読み)ゆのこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯ノ湖
ゆのこ

栃木県北西部,日光市中禅寺湖北方にある湖。面積 0.53km2。湖面標高 1478m。最大水深 12.5m。湯川が東方の三岳 (1945m) の溶岩にせきとめられてできた湖で,湖岸線は複雑。湖水は湯滝から出て戦場ヶ原を通り,中禅寺湖に注ぐ。湖中温泉が湧くが,冬季は結氷し,スケート場がつくられる。夏も水温 20℃をこえないためマスの養殖が行われる。北岸日光湯元温泉がある。日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

湯ノ湖【ゆのこ】

栃木県日光市西部の堰止め湖。温泉湖とも。標高1478m,面積0.5km2。北岸に日光湯元温泉があり,湖中からも温泉が湧出。湖水は南東の高さ45mの湯滝から湯川となって中禅寺湖に注ぐ。マスなどが養殖され,釣,冬のスケートによい。日光国立公園の一部。戦場ヶ原,小田代原とともに〈奥日光の湿原〉として,2005年11月,ラムサール条約登録湿地となる。
→関連項目小田代原ラムサール条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕湯ノ湖(ゆのこ)


栃木県北西部、奥日光(おくにっこう)の戦場ヶ原(せんじょうがはら)北西にある堰止湖(せきとめこ)。面積0.5km2。白根(しらね)山の溶岩流によって湯川が堰き止められてできた。湖岸に温泉がわき、南東部の湯滝から湯川が流出する。マス釣りが盛ん。北岸に日光湯元(ゆもと)温泉・湯元スキー場がある。日光国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯ノ湖
ゆのこ

栃木県日光市の西部にある湖。三岳(みつだけ)の溶岩が湯(ゆ)川をせき止めた結果生成した。水面の標高1478メートル、水面面積0.4平方キロメートル、周囲約3キロメートル、最大深度12.5メートル。東岸の兎(うさぎ)島半島が湖に突き出す。白根沢(しらねざわ)などから流入した土砂が北部を埋め立てて扇状地を形成している。湖の北から硫黄泉が湧出(ゆうしゅつ)し、北岸に旅館、保養所、キャンプ場などの温泉集落、日光湯元温泉が立地する。湖水の環境基準はA類型に指定されている。温泉旅館などの排水は、北岸の湯元下水処理場に入り、浄化後、湖に放流される。しかし、湖盆が小さく、湖水は富栄養化して日光国立公園の環境としては好ましくない。湖水は湯滝となって流下し、湯川を通して中禅寺湖に注ぐ。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯ノ湖の関連情報