コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の神 ひのかみ

6件 の用語解説(火の神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火の神
ひのかみ

火を管理する神。火は人間生活の根源であり,火の神は家の中心にあって家人を守護すると信じられた。古くから火の神として家々に祀られているのは,かまど,いろりの神であるが,陰陽師や修験者がこれに関与した結果,三宝荒神との習合がみられ,火の神を荒神の名で信仰する地方も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐かみ【火の神】

火をつかさどる神。神話・神道では迦具土神(かぐつちのかみ)、民間では荒神(こうじん)竈神(かまどがみ)土公神(どくじん)などとよぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

火の神【ひのかみ】

火をつかさどる神。日本神話では迦具土(かぐつち)神という。また静岡県秋葉神社は防火の神として有名で秋葉講は全国に及ぶ。京都平野神社の祭神久度(くど)神も竈(かまど)神,鎮火の神である。
→関連項目囲炉裏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひのかみ【火の神】

火自体を神格化した神または火を支配する神をいう。記紀神話には,伊弉冉(いざなみ)尊をやけどさせて殺した迦具土(かぐつち)神が火の神として登場する。この神は火産霊(ほむすび)神ともよばれ,雷火の荒々しい側面を表したものといえる。全国的に火の神として有名なのは,京都の愛宕神社と静岡県周知郡の秋葉山神社で,火伏せの神として各地に勧請され,その神札は火難よけに神棚に納めたり家にはったりする(愛宕信仰秋葉信仰)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひのかみ【火の神】

火をつかさどる神。特に、迦具土かぐつちの神。ほのかみ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火の神
ひのかみ

火を統御し、管理する神。わが国では火は穢(けが)れやすいものと考えられ、祭礼など神聖な火を必要とするときには、改めて新しい火をおこした。しかし、火そのものを崇拝することはなく、火をつかさどる神をその対象とした。火の神としてよく知られている神格は、静岡県の秋葉(あきば)神社と京都府の愛宕(あたご)神社で、勧請(かんじょう)神として各地に祀(まつ)られている。また、火伏(ひぶせ)の神として、御札(おふだ)が民家の神棚や勝手口などに納められていることも多い。こうした神格とは別に、かまどやいろりを対象にした火の神の信仰は、全国的にみられる。火の神を荒神(こうじん)ないしは三宝(さんぼう)荒神とよぶ地域は広く、三把苗(さんばなえ)などと称して田植のときに荒神やオカマサマに三把の苗を供える例も広範囲に分布する。一般的に東日本では火の神としての荒神と田の神としてのオカマサマが併祀(へいし)され、西日本では火の神と田の神の両者が習合したかまどの神を祀るという傾向がある。
 穢れやすいとされる火ゆえに、荒神の祟(たた)りを恐れる禁忌も多く、九州地方では現在でも荒神祓(ばら)いといって、盲僧が各戸の竈(かまど)荒神を清めて回る風習がある。なお、カマドという語が本家・分家を意味する土地もあるように、火や火の神がイエの象徴とされて、その永続を願って炉の火を守り続ける風もみられる。火の神の信仰は薩南(さつなん)諸島から沖縄にかけてとくに顕著であり、家々の火の神にとどまらず、3個ほどの自然石を神体とした集落全体で祀る火の神がある。[佐々木勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の火の神の言及

【沖縄[県]】より

…【我部 政男】
【民俗】
 沖縄の民俗は地理・歴史的背景が本土とかなり異なるため独特のものがあり,おおざっぱに沖縄島とその周辺,宮古島とその周辺,八重山地区に大別される。全般に仏教の影響が少なく血忌が重視されないことや,清明祭や火の神などに中国的要素が色濃く認められることのほか,琉球王府の政策によって各種の規制が加えられ,その独自性を強めたことも考慮すべきである。一方で,日本の古語,古俗を残すと思われる民俗が見いだされ,沖縄は〈古代日本の鏡〉ともいわれている。…

【若水】より

…若水汲みは〈若水迎え〉ともいわれ,儀礼的な色彩が濃く,若水手拭で鉢巻したり,井戸に餅や洗米を供え,祝いの唱え言をしてくむ土地が多かった。鹿児島県奄美群島には,若水といっしょに小石を3個取ってきて,火の神に供えた村もある。一般に新年の行事を主宰する年男がくむが,西日本には,女性がくむ地方もある。…

※「火の神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

火の神の関連キーワード北辰権現遠心性神経大山咋神皇天后土太陽崇拝天石門別神沖つ御神ニョルズ生魂神罔象女神

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火の神の関連情報