牧ノ原(読み)マキノハラ

百科事典マイペディアの解説

牧ノ原【まきのはら】

静岡県南部,大井川下流右岸の洪積台地。旧大井川扇状地または隆起した三角州とされ,樹枝状の谷により開析されている。標高70〜280m。明治初年の士族による開墾以後開発が進み,日本最大の茶園となった。浸食谷の谷底は水田。
→関連項目小笠[町]金谷[町]菊川[町]相良[町]静岡[県]島田[市]榛原[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まきのはら【牧ノ原】

静岡県中部,大井川下流平野と菊川低地との間に広がる洪積台地。一帯は古代の質侶牧(しどろのまき)の地と考えられている。第三紀層上を古大井川の堆積物である牧ノ原礫層のおおう隆起扇状地で,周辺は浸食谷に刻まれ急崖や丘陵性の地形となる。平たんな台地面は北端の金谷町安田原から南端の御前崎まで南北約25kmにわたり,高度も約300mから50mまで低下する。台地面は3段に区分されるが中位面が広く,その平面形は樹枝状にのび,長者原,谷口原,赤土原など局地的名称も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まきのはら【牧ノ原】

静岡県南部、大井川下流西岸の台地。明治初期、士族などが入植して茶園として開拓。
〔市名は「牧之原」と表記〕 静岡県南部にある市。駿河湾西岸、牧原南東部に位置する。茶の生産・加工が基幹産業。南部の相良さがらは、田沼意次の城下町として栄えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕牧ノ原(まきのはら)


静岡県中部、大井(おおい)川の下流西岸沿いに広がる隆起洪積台地。更新世(約180万年~1万年前)に大井川がつくった扇状地がその後隆起し、浸食を受けた平坦(へいたん)面が樹枝状に残ったもの。標高約40~250mで、南北約20km、東西約10kmに達する。牧之原・牧野原とも。明治初期、静岡藩士族(幕臣)や大井川の川越え人足に対する授産事業として茶畑が開拓され、日本屈指の茶栽培地帯に発展した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧ノ原
まきのはら

静岡県中部、大井川下流と菊川の間に広がる洪積台地。かつての大井川の隆起扇状地。台地面の高さは北の島田市の安田原(あんだばら)で標高約270メートル、南へ緩やかに低まり、南端の御前崎(おまえざき)の隆起海食台では標高50メートルになる。台地面は周辺からの侵食谷によって開析され、樹枝状の形態をもち、岡田原、権現原、長者原、朝比奈原(あさひなばら)など局地的名前も多い。表面は河成の牧ノ原礫(れき)層が堆積(たいせき)しているが、南端では海成の礫層となる。現在は大茶園として知られるが、かつては原野が広がり、馬牧や牧野の存在が地名の起源ともいわれる。茶園の開拓は1869年(明治2)徳川家旧臣の士族や大井川川越人夫の入植によって始まり、近在の農民の開墾も加わり産地化が進んだ。現在約5000ヘクタールの茶園が広がり、農研機構野菜茶業研究所と静岡県農林技術研究所茶業研究センターが栽培・製茶技術を進めている。2002年(平成14)大井川上流に長島ダムが竣工、大井川の洪水調節とともに、台地の農業用水として利用されるようになった。[北川光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牧ノ原の関連情報