コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井[町] しろい

百科事典マイペディアの解説

白井[町]【しろい】

千葉県北西部,印旛(いんば)郡の旧町。手賀沼南岸の下総(しもうさ)台地上にある。米,野菜を産する。町域の南部が千葉ニュータウンとなり,都市化が進展人口も増加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しろい【白井[町]】

千葉県北西部,印旛(いんば)郡の町。人口4万7450(1995)。下総台地の西部に位置する。1970年代前半までは梨や野菜の栽培,米作を中心とする純農村で,鉄道から遠く交通が不便なため開発からとり残されてきたが,町域の南部が千葉ニュータウンの開発区域となり,一挙に都市化が進んでいる。79年の北総開発鉄道の開通,ニュータウンへの入居開始によって人口は急増し,75‐80年の人口増加率は93%に達し,県内1位であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白井[町]の関連キーワード下総

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android