石和[温泉](読み)いさわ

世界大百科事典内の石和[温泉]の言及

【石和[町]】より

…市街地は明治末年の笛吹川の洪水による河道の変遷によって川の南岸から北岸へと移った。1903年中央線石和駅ができてからは周辺農村の小中心都市であったが,61年市街地の近くから高温多量の温泉(単純泉,45℃)が湧出し,以降石和温泉町として知られるようになった。京浜地方に近く,高度経済成長期に発展したため歓楽郷的な色彩が強かったが,近年は温泉病院なども多くなり,保養地としての性格ももつようになった。…

※「石和[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android