コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯部[温泉] いそべ

2件 の用語解説(磯部[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

磯部[温泉]【いそべ】

群馬県安中市にある鉱泉。重ソウ強食塩泉。24℃で浴用は加熱。遊離炭酸を多量に含み,胃腸病に特効があるとして有名で,妙義山登山者の利用も多い。信越本線磯部駅に近い。
→関連項目安中[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いそべ【磯部[温泉]】

群馬県南西部,安中市西部にある温泉。信越本線磯部駅の北,碓氷川の南岸に温泉旅館を中心とした湯街がひらける。源泉は1783年(天明3)の浅間山の大噴火のとき湧出したという。泉温は24℃と低いが,食塩泉で炭酸分を含み,せんべいなど食品加工にも利用される。信越本線開通(1885)前は,中山道に近いため慰安客の繁華街として知られたが,近年は県北部の温泉郷に客を奪われている。詩人大手拓次の出身地で,碓氷川橋のほとりに拓次の詩碑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone