笠森寺(読み)カサモリジ

百科事典マイペディアの解説

笠森寺【かさもりでら】

千葉県長南(ちょうなん)町にある天台宗の寺。笠森観音と通称。8世紀に最澄(さいちょう)が自刻の十一面観音を安置し創建。11世紀に後一条天皇勅願で観音堂が建立されたという。現在の四方懸崖造(しほうけんがいづくり)の観音堂は天正(てんしょう)〜文禄(ぶんろく)期(1573年―1596年)の再建で重要文化財,境内の暖帯性照葉樹林の原生林は国指定天然記念物。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

笠森寺

千葉県長生郡長南町にある寺院。天台宗。山号は大悲山。784年、最澄の開創と伝わる。本尊は十一面観世音菩薩。観音堂、釣燈籠は国の重要文化財に指定。別称「笠森観音」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠森寺
かさもりじ

千葉県長生郡長南町にある天台宗の別格大本山。大悲山楠光院(だいひざんなんこういん)笠森寺と号し、笠森観音(かんのん)として親しまれている。坂東(ばんどう)三十三所第31番札所。寺伝によると、784年(延暦3)に伝教(でんぎょう)大師(最澄(さいちょう))がクスの霊木で十一面観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)を彫刻して安置したのが開基で、楠光院という院号もこれに由来する。1028年(長元1)に後一条(ごいちじょう)天皇の勅願により日本唯一の四方懸造(かけづくり)の現本堂(観音堂、国重要文化財)が建立され、落慶のとき「法東山」の山号を勅賜され、勅願寺となった。近年まで山内に7か坊が存在し、一山をなしていた。十一面観音は秘仏で丑(うし)年と午(うま)年に開帳される。寺宝の鋳銅唐草文釣灯籠(からくさもんつりどうろう)は国重要文化財。山門手前に芭蕉(ばしょう)の句碑がある。[中山清田]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の笠森寺の言及

【長南[町]】より

…市原市など京葉工業地域への通勤者も多い。天台宗の長福寿寺,笠森寺(笠森観音)など古刹(こさつ)が多く,笠森寺の観音堂(重要文化財)は四方懸崖造という特異な建築様式で知られる。また境内の原生林は暖帯性照葉樹林の典型といわれ,天然記念物に指定されている。…

※「笠森寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android