笠間[市](読み)かさま

百科事典マイペディアの解説

笠間[市]【かさま】

茨城県中西部の市。1958年市制。笠間盆地の中央に13―16世紀に笠間氏が築城し,近世に入って何度かの藩主変遷を経て,牧野氏の城下町として,また水戸街道の宿駅,笠間稲荷の鳥居前町として発達した市街である。常磐線と水戸線が分岐し,常磐自動車道,北関東自動車道が通じる。野菜,葉タバコ,木材を産し,特産に笠間焼,稲田の御影石がある。笠間稲荷は関東一円に信者をもち,伏見,豊川とともに三大稲荷として有名。佐白山には城跡の石垣が残り,周辺にはツツジ園もあって市民に親しまれている。片庭ヒメハルゼミ発生地(天然記念物)がある。2006年3月西茨城郡友部町,岩間町を編入し,市役所を旧友部町役場とした。東日本大震災で,市内において被害が発生。240.40km2。7万9409人(2010)。
→関連項目郡上藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かさま【笠間[市]】

茨城県中西部にある市。1955年笠間町が大池田,北山内,南山内の3村と合体,市制。人口3万0337(1995)。西縁を八溝山地で境され,栃木県に隣接する。市域では丘陵状の地形がめだち,市街も涸沼(ひぬま)川上流の盆地状低地に開ける。13~16世紀には市街東方の佐白山頂に城を構えた笠間氏が支配,江戸時代に入って笠間藩主牧野氏の治政下に城下町が完成,笠間稲荷神社の鳥居前町も成立した。加えて水戸~結城~小山を結ぶ街道(現,国道50号線)の宿場町であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android