コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ソフィア大聖堂 セイソフィアダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

せいソフィア‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【聖ソフィア大聖堂】

Sobor Sviatoyi SofiyiСобор Святої Софії》ウクライナの首都キエフにある大聖堂。1037年に創建。18世紀初頭にビザンチン式からバロック式に改築されたが、内部はビザンチン式のままで、「乙女オランドの像」などのモザイクフレスコ画が残されている。1990年に「キエフ聖ソフィア大聖堂と関連する修道院建築物群、キエフペチェールスカヤ大修道院」として世界遺産(文化遺産)に登録された。
Katedralata crkva Sveta Sofija》マケドニア西部の都市オフリドにある大聖堂。ブルガリア帝国の支配下にあった11世紀に建造。オスマン帝国時代にイスラム寺院に転用された。第二次大戦後の修復作業により、11世紀から13世紀にかけてのフレスコ画が見られるようになった。
Sobor Svyatoy SofiiСобор Святой Софии》ロシア連邦北西部、ノブゴロド州の都市ノブゴロドにあるロシア正教会の大聖堂。11世紀半ば、ノブゴロド公ウラジーミルにより建造。現存するロシア最古の建造物の一つとして知られる。内部の壁面はフレスコ画が施され、主祭壇の横に12世紀のイコン「オラントの聖母」がある。1992年、「ノブゴロドの文化財と周辺地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
Ayasofya》⇒アヤソフィア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

聖ソフィア大聖堂の関連キーワードキエフ:聖ソフィア大聖堂と関連する修道院建築物群、キエフキエボ・ペチェルスカヤ修道院ペチェルスカヤ大修道院ヤロスラフ1世(賢公)ユスティニアヌスセリミエモスクポーロツクニコシアボログダポラツク

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android