コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肱川[町] ひじかわ

2件 の用語解説(肱川[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

肱川[町]【ひじかわ】

愛媛県中部,喜多郡の旧町。大部分が山地で,肱川と河辺川の合流点に主集落が発達。木材,タバコ,肉牛,クリ,シイタケなどを産する。鹿野川ダム,小藪(おやぶ)温泉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひじかわ【肱川[町]】

愛媛県西部,喜多郡の町。人口3275(1995)。四国山地の山間にあり,中央を南東から北西へ,V字谷を形成して肱川が貫流,同川とその支流沿いにわずかに低地がある。コウゾミツマタハゼノキなどを栽培して製紙,製蠟が行われてきたが,現在も農林業が主体で,シイタケ,栗の産が多く,畜産も行われる。肱川は昭和の初めまで当地域の交通の動脈であったが,県道の開通によって陸運に切りかえられた。1959年肱川本流に鹿野川ダムが完成し,ダム湖周辺は四季の景観にもめぐまれ県立自然公園になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

肱川[町]の関連キーワード愛媛県伊方伊予愛媛大洲喜多方西予八幡浜中山川小田の郷せせらぎ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone