広量(読み)コウリョウ

デジタル大辞泉「広量」の解説

こう‐りょう〔クワウリヤウ〕【広量/×宏量】

[名・形動]
度量が大きいこと。のひろいこと。また、そのさま。「―な人物」⇔狭量
荒涼2」に同じ。
「―の御使かな」〈今昔・二六・一七〉
荒涼3」に同じ。
「―して行くまじきなりけり」〈今昔・二七・八〉
[類語]広い寛闊かんかつ寛大寛容寛弘かんこう大様おおよう大らかおっとりさりげない何気ないそれとなくそれとなしに何心ない遠回し気軽い何とはなし鷹揚おうよう磊落らいらく開豁かいかつ闊達豪胆豪放剛毅放胆大胆太っ腹雅量大量悠揚悠然泰然泰然自若綽然しゃくぜん自若悠悠浩然堂堂正正堂堂毅然肝が据わる腹が据わる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android