コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製鉄・製鋼 せいてつせいこう

1件 の用語解説(製鉄・製鋼の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいてつせいこう【製鉄・製鋼】

鉄鉱石から鋼をつくる工程をいい,前段の銑鉄をつくる工程を製鉄または製銑といい,後段の銑鉄から鋼をつくる工程を製鋼という。製銑,製鋼,さらに鋼材,製品製造までを行う銑鋼一貫製鉄所の工程例は〈製鉄所〉の項の図を参照。
【製錬工程の原理】
 鉄は建設,船舶,車両,産業機械,電気機器,事務機器,あるいは家庭用品などあらゆる分野に使用され,現代社会を支える大きな柱となっている。鉄の消費量はほかのどんな金属と比べても,比較にならないほど多い(世界の粗鋼総生産高は1994年で7億2300万t)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

製鉄・製鋼の関連情報