コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見せる ミセル

2件 の用語解説(見せるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み・せる【見せる】

[動サ下一][文]み・す[サ下二]
見えるようにする。人にわかるように示す。「人前に姿を―・せる」「定期券を―・せる」
行動・態度・表情などに表して、そうであることを人にわからせる。「意地を―・せる」「関心を―・せる」「弱みを―・せる」
経験させて、わからせる。「痛い目を―・せる」「憂き目を―・せる」
ある状態やようすに見えるようにする。そのように見せかける。「年齢より若く―・せる」「故意を過失に―・せる」
あるきざしが現れる。「景気がかげりを―・せる」
診察・鑑定などをしてもらう。「子供を医者に―・せる」「茶器を目利きに―・せる」
すばらしい芸や技などで人の心を引きつける。「幅広い演技で―・せる俳優」
嫁がせる。結婚させる。
「少将などいふほどの人に―・せむも」〈・東屋〉
ようすを調べさせる。検分させる。
「跡なきことにはあらざめりとて、人をやりて―・するに」〈徒然・五〇〉
10 (補助動詞)動詞の連用形に助詞「て」の付いた形に接続して用いる。
㋐実際にその行為をして、人に示す。「歌って―・せる」「おどけて―・せる」
㋑強い決意を表す。「絶対に勝って―・せる」
[補説]6は、診察してもらう意では「診せる」とも書く。7は、「魅する」からの連想で多く「魅せる」と書く。
[下接句]後ろを見せる尾を見せる顔を見せる白い歯を見せる泣きを見せる抜く手も見せず目に物見せる・目を見せる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みせる【見せる】

( 動下一 ) [文] サ下二 み・す
人に見させる。示して見えるようにする。 「掛軸を-・せる」 「庭を-・せてもらう」 「手のうちを-・せる」
おもてに表し出す。 「疲れを-・せる」 「誠意を-・せる」
こうむらせる。よくわからせる。 「憂き目を-・せる」 「目にもの-・せる」
それらしく見えるようにする。 「若く-・せる」 「長身に-・せる」
診察させる。 「医者に-・せる」
(女を男に)結婚させる。めあわせる。 「親王達にこそは-・せ奉らめ/源氏 若菜下
(補助動詞) 動詞の連用形に助詞「て」を添えた形に付いて用いられる。
ある動作を人に見えるようにわざわざする意を表す。 「絵に描いて-・せる」 「大げさに驚いて-・せる」
話し手の強い意志を表す。 「来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして-・せるから/金色夜叉 紅葉
[慣用] 後ろを- ・白い歯を- ・泣きを- ・目に物-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

見せるの関連キーワード似せる寝かせる寝せる飲ませる光らせる遣らせる読ませる痂せるま・せる煮合せる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

見せるの関連情報