コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見せる ミセル

デジタル大辞泉の解説

み・せる【見せる】

[動サ下一][文]み・す[サ下二]
見えるようにする。人にわかるように示す。「人前に姿を―・せる」「定期券を―・せる」
行動・態度・表情などに表して、そうであることを人にわからせる。「意地を―・せる」「関心を―・せる」「弱みを―・せる」
経験させて、わからせる。「痛い目を―・せる」「憂き目を―・せる」
ある状態やようすに見えるようにする。そのように見せかける。「年齢より若く―・せる」「故意を過失に―・せる」
あるきざしが現れる。「景気がかげりを―・せる」
診察・鑑定などをしてもらう。「子供を医者に―・せる」「茶器を目利きに―・せる」
すばらしい芸や技などで人の心を引きつける。「幅広い演技で―・せる俳優」
嫁がせる。結婚させる。
「少将などいふほどの人に―・せむも」〈・東屋〉
ようすを調べさせる。検分させる。
「跡なきことにはあらざめりとて、人をやりて―・するに」〈徒然・五〇〉
10 (補助動詞)動詞の連用形に助詞「て」の付いた形に接続して用いる。
㋐実際にその行為をして、人に示す。「歌って―・せる」「おどけて―・せる」
㋑強い決意を表す。「絶対に勝って―・せる」
[補説]6は、診察してもらう意では「診せる」とも書く。7は、「魅する」からの連想で多く「魅せる」と書く。
[下接句]後ろを見せる尾を見せる顔を見せる白い歯を見せる泣きを見せる抜く手も見せず目に物見せる・目を見せる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みせる【見せる】

( 動下一 ) [文] サ下二 み・す
人に見させる。示して見えるようにする。 「掛軸を-・せる」 「庭を-・せてもらう」 「手のうちを-・せる」
おもてに表し出す。 「疲れを-・せる」 「誠意を-・せる」
こうむらせる。よくわからせる。 「憂き目を-・せる」 「目にもの-・せる」
それらしく見えるようにする。 「若く-・せる」 「長身に-・せる」
診察させる。 「医者に-・せる」
(女を男に)結婚させる。めあわせる。 「親王達にこそは-・せ奉らめ/源氏 若菜下
(補助動詞) 動詞の連用形に助詞「て」を添えた形に付いて用いられる。
ある動作を人に見えるようにわざわざする意を表す。 「絵に描いて-・せる」 「大げさに驚いて-・せる」
話し手の強い意志を表す。 「来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして-・せるから/金色夜叉 紅葉
[慣用] 後ろを- ・白い歯を- ・泣きを- ・目に物-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

見せるの関連キーワードスムーズシェーディングeye lineランウエーショーステージダンス辻芸人・辻藝人フェイクチープグライディングティント乳液コケットリー気勢を揚げる御覧に入れる勿体を付けるスリーマー精彩を放つひけらかす片鱗を示す腕を振るう恥じらい環境光源糊入れ紙

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見せるの関連情報