コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訴訟能力 そしょうのうりょく Prozessfähigkeit

4件 の用語解説(訴訟能力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訴訟能力
そしょうのうりょく
Prozessfähigkeit

(1) 民事訴訟法上,訴訟当事者としてみずから単独で有効に訴訟を追行するのに必要な能力。いかなる者に訴訟能力が認められるかについては,民法その他の法令に準拠して決定される。したがって,制限行為能力者未成年者成年被後見人被保佐人被補助人)は訴訟能力を制限される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そしょう‐のうりょく【訴訟能力】

訴訟当事者として自ら訴訟行為をし、また相手方裁判所訴訟行為を受けることができる能力。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そしょうのうりょく【訴訟能力 Prozessfähigkeit[ドイツ]】


民事訴訟法
 訴訟当事者がみずから有効に訴訟行為をし,またこれを受領する能力をいう。訴訟能力は,民事訴訟法に特別の定めのある場合を除き民法その他の法令に従う(民事訴訟法28条)。したがって行為能力者はすべて訴訟能力者である。未成年者(婚姻によって成年に達したとみなされる者を除く)および禁治産者は,原則として訴訟無能力者である。例外的に,未成年者が独立して法律行為をすることができる場合(民法6条1項,商法6条,労働基準法58条,59条)だけは,その関係の訴訟に関する限度で訴訟能力が認められる(民事訴訟法31条但書)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そしょうのうりょく【訴訟能力】

訴訟当事者として独立して訴訟行為をなし、また訴訟行為を受けるのに必要な能力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訴訟能力の関連キーワード選定当事者訴訟告知訴訟参加訴訟当事者手続法当事者適格補佐人当事者上訴権当事者参加

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

訴訟能力の関連情報