コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

試金 シキン

4件 の用語解説(試金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐きん【試金】

鉱石や合金などの金属成分を定量分析すること。狭義には、貨幣板金・貴金属などの純度を決定すること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

試金【しきん】

鉱物,合金などの金属分の定量分析。狭義には貨幣用地金などの貴金属の純度を決定すること。金,銀を金属の形で分離する乾式試金と,化合物の形で抽出する湿式試金とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきん【試金 assay】

鉱石や合金の定量分析をいう。鉱石の利用可能性を調べることと,金属製品の品質を検定することの二つの機能がある。ふつうの化学分析との明確な区別はないが,比較的簡便な迅速分析をさすことが多く,その方法には試料を溶液にして行う湿式法と加熱溶融による乾式法とがある。狭義には乾式法による貴金属の定量分析のみをさす。 試金は,古代オリエントの金細工師が,金を精製して用いるようになるとまもなく始まったようである。前14世紀のアマルナ文書には試金に関する記事があり,《旧約聖書》にも金銀の精錬や試金が数多く言及されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

試金の関連情報