コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

試金 シキン

百科事典マイペディアの解説

試金【しきん】

鉱物,合金などの金属分の定量分析。狭義には貨幣用地金などの貴金属の純度を決定すること。金,銀を金属の形で分離する乾式試金と,化合物の形で抽出する湿式試金とがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきん【試金 assay】

鉱石や合金の定量分析をいう。鉱石の利用可能性を調べることと,金属製品の品質を検定することの二つの機能がある。ふつうの化学分析との明確な区別はないが,比較的簡便な迅速分析をさすことが多く,その方法には試料を溶液にして行う湿式法と加熱溶融による乾式法とがある。狭義には乾式法による貴金属の定量分析のみをさす。 試金は,古代オリエントの金細工師が,金を精製して用いるようになるとまもなく始まったようである。前14世紀のアマルナ文書には試金に関する記事があり,《旧約聖書》にも金銀の精錬や試金が数多く言及されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しきん【試金】

鉱石・金属などを分析してその品位・品質を鑑別すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

試金の関連キーワードリヒター(Hieronymus Theodor Richter)ジャービル・ビン・ハイヤーンベン・エームズ ウイリアムズウィルソンの「十四か条」プロレタリアート独裁ラピス・リディアストライアルストーンコミュニティ・ケアスカンジナビア主義ビシェグラード協力ダーリンジャイトムハーシビーデレメタリカコティキュラリディエンネロッシーニパラゴーネリディア石構造改革論アグリコラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android