コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊中[市] とよなか

百科事典マイペディアの解説

豊中[市]【とよなか】

大阪府北部,大阪市の北に接する市。1936年市制。1910年,現在の阪急宝塚線の開通後急速に発展,第2次大戦後は公団住宅社宅などが増加し大阪市の住宅衛星都市となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよなか【豊中[市]】

大阪府中部の市。1936年市制。人口39万8908(1995)。淀川の分流神崎(かんざき)川をはさんで大阪市の北に隣接し,大阪都市圏内の典型的な住宅都市である。市域は北東部の千里丘陵,中央部の豊中台地(市街の主要部分が位置する),南西部の沖積低地に区分できる。歴史は古く,弥生時代の遺跡や桜塚古墳群など多くの古墳が存在し,条里制遺構も各所に残っている。江戸時代には譜代大名旗本などの所領が入り組み,集落は能勢街道に沿って街村(岡町付近が中心)が形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊中[市]の関連キーワード千里ニュータウン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android