コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊松[村] とよまつ

世界大百科事典 第2版の解説

とよまつ【豊松[村]】

広島県東端,神石郡の町。人口1959(1995)。吉備高原にあり,高梁(たかはし)川支流の成羽(なりわ)川が北境を東流する。中心集落の下豊松は鶴岡八幡神社の門前町として古くから栄え,中世には市が開かれていたといわれる。米作を中心とした農業が主産業で,高原ではタバコ,コンニャクの栽培や,和牛の飼育が行われる。堂面洞窟遺跡帝釈峡遺跡群の一部で,縄文時代の遺物が出土した。成羽川に発電・工業用水用の新成羽川ダムがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊松[村]の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android