コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊浦[町] とようら

6件 の用語解説(豊浦[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

豊浦[町]【とようら】

北海道虻田(あぶた)郡,内浦湾北部の町。室蘭本線道央自動車道が通じる。海岸平野は狭いが,丘陵地ではジャガイモテンサイ,豆類を産する。ホタテの養殖も行う。東日本大震災で,町内において被害が発生。

豊浦[町]【とようら】

新潟県中部,北蒲原(きたかんばら)郡の旧町。越後平野の北部にある農村地帯で,新発田(しばた),豊栄(とよさか)(現・新潟市)両市にはさまれる。米作を主力に,施設園芸,畜産を行う。

豊浦[町]【とようら】

山口県西部,豊浦郡の旧町。響(ひびき)灘に面し,内陸は低い丘陵地。主集落は山陰本線川棚(かわたな)温泉駅前の栄町で,付近に川棚温泉がある。海岸には室津,小串(こぐし),湯玉などの漁業集落がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とようら【豊浦[町]】

北海道南西部,胆振(いぶり)支庁虻田(あぶた)郡の町。人口6121(1995)。昆布(こんぶ)岳(1045m)の南斜面に位置し,南は内浦湾に面し,東は洞爺(とうや)村に隣接する。山地が町域の大部分を占め,中心集落は貫気別(ぬつきべつ)川河口の豊浦である。1908‐09年に山梨県からの集団入植があり,本格的な開拓が始められた。山地斜面に畑が開かれ,豆類,ジャガイモ,アスパラガスのほか特産品のイチゴを栽培する。

とようら【豊浦[町]】

新潟県中部,北蒲原郡の町。1973年町制。人口1万0251(1995)。加治川左岸の沖積地からなり,西は福島潟に臨む。越後平野穀倉地帯の中心をなす水田単作地域で,近年は複合化,兼業化が進行している。耕地の大半は近世,新発田藩新田開発によって造成された。天王にある市島家は福島潟開発の請負により広大な耕地を所有し,大正末には全国でも屈指の大地主となった。大正年間に発見された月岡温泉は,新潟市から最も近い温泉地としてにぎわい,付近にはスキー場,ゴルフ場もある。

とようら【豊浦[町]】

山口県西部,豊浦郡の町。人口2万1288(1995)。響灘に面し,東部は中生代の山地,中央部が低い花コウ岩の丘陵と沖積地からなる。南西部の平地は農業地域であるが,水が乏しいため多くの溜池がつくられている。響灘沿岸には宇賀(うか),小串(こぐし),川棚,涌田(わいた),室津の漁村がある。町の中心は役場のある山陰本線川棚温泉駅前で,付近に川棚温泉がある。青山丘陵に旧石器時代の磯上遺跡,中ノ浜に弥生時代前期の埋葬遺跡があり,青井古墳群,甲山古墳群など古墳も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の豊浦[町]の言及

【月岡[温泉]】より

…新潟県北蒲原(きたかんばら)郡豊浦町にある温泉。1917年石油井掘削中に偶然噴湯した。…

※「豊浦[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone