コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊里[町] とよさと

2件 の用語解説(豊里[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

豊里[町]【とよさと】

宮城県中北部,登米(とめ)郡の旧町。北上川迫(はさま)川の合流点に位置する。江戸時代,伊達氏による数次の開拓が行われ,水田が広い。気仙沼線が通じる。2005年4月登米郡町,登米町,東和町,中田町,米山町,石越町,南方町,本吉郡津山町と合併し市制,登米市となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とよさと【豊里[町]】

宮城県北東部,登米郡の町。人口7863(1995)。旧北上川と迫(はさま)川の合流点に位置し,北東部の丘陵を除いて低平地が広がる。南西部は17世紀中ごろに伊達宗倫・村直によって新田開発されたところが大部分で,その際,旧北上川北岸に上町,仲町,下町の町造りも行われた。耕地の大半が水田でササニシキなど良質米を産するが,昭和初期に北上川・迫川水系の治水事業が行われるまではたびたび水害に見舞われた。近年は養豚を中心に畜産が伸びている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊里[町]の関連キーワード登米岩沼北茨城気仙沼高萩日立常陸油麩宮城県北部地震ウジエスーパー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone