足を引っ張る(読み)あしをひっぱる

精選版 日本国語大辞典 「足を引っ張る」の意味・読み・例文・類語

あし【足】 を 引(ひ)っ張(ぱ)

他人前進成功をさまたげる。
※われら戦友たち(1973)〈柴田翔〉二「これ幸いと足をひっぱる奴も出てくる」
集団物事をするとき、何人かがマイナスになるような行動をする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「足を引っ張る」の意味・読み・例文・類語

あし・る

人の成功や前進をじゃまする。また、妨げとなる。「チームの―・る」
[類語]邪魔妨害阻害そがい掣肘せいちゅう干渉横槍よこやり障害支障障壁さわ邪魔だて水を差す水をかける挫く弱める砕く削ぐ圧伏圧殺抑える妨げる遮る立ち塞がるせきとめる制止捕まえる握る挟む押しとどめるストップを掛ける封殺諫止阻む食い止める立ちはだかる遮断妨害阻止ブレーキが掛かる腰を折る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android