コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挫く クジク

2件 の用語解説(挫くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くじ・く【挫く】

[動カ五(四)]
手足の関節などに無理な力が加わって、関節やその周りを痛める。捻挫(ねんざ)する。「足を―・く」
勢いをそぎ、弱らせる。おさえる。「弱きを助け強きを―・く」「出鼻を―・く」
[動カ下二]くじける」の文語形。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くじく【挫く】

( 動五[四] )
関節を不自然に曲げて、関節やその周辺の組織を傷つける。捻挫ねんざする。 「転んで足を-・く」
勢いを衰えさせる。押さえつける。弱める。 「出端でばなを-・く」 「強きを-・き、弱きを助ける」
折ったり曲げたりして傷をつける。 「其の腰を踏み-・きて殺しつ/日本書紀 垂仁」 〔「くじける」に対する他動詞〕
( 動下二 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

挫くの関連情報