コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転位(結晶) てんい

百科事典マイペディアの解説

転位(結晶)【てんい】

ディスロケーション。結晶における格子欠陥の一種で,結晶の一部を一定方向にすべらせた場合に生ずる原子配列のゆがみ。すべった部分の輪郭を転位線というが,すべりの方向に垂直な転位線の部分では原子配列のゆがみは刃状転位,すべりの方向に平行な転位線の部分ではらせん転位,その他の部分では両者のゆがみが重なる(混合転位)。
→関連項目金属組織学金属物理学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報