コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辰松八郎兵衛(初代) たつまつ はちろべえ

1件 の用語解説(辰松八郎兵衛(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辰松八郎兵衛(初代) たつまつ-はちろべえ

?-1734 江戸時代前期-中期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
大坂の竹本座で創設時から活躍。元禄(げんろく)16年「曾根崎心中」でお初の人形をつかって評判となり,一人遣いの名手とうたわれた。宝永4年豊竹若太夫と豊竹座を再興,のち江戸で辰松座をおこした。享保(きょうほう)19年5月9日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

辰松八郎兵衛(初代)の関連キーワード平敷屋朝敏ブルボン朝文楽人形浄瑠璃芝居シネマコンプレックス相生獅子池田瑞仙上田秋成工藤平助桜田治助

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone