コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸アミド さんアミドacid amide

6件 の用語解説(酸アミドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸アミド
さんアミド
acid amide

カルボン酸およびその誘導体アミン縮合によって生成する化合物の総称。一般式 RCONH2 。アンモニアの水素をアシル基で置換した構造をもつ。無機酸から生成するものも含むことがある。製法にはカルボン酸誘導体とアミンの縮合,ニトリルの加水分解カルボン酸アンモニウム塩の加熱,ケトオキシムの転位反応がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐アミド【酸アミド】

アンモニア水素原子1個がアシル基RCO-と置換した化合物の総称。カルボン酸の誘導体として重要。また、広くアミドをいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

酸アミド【さんアミド】

単にアミドとも。アンモニアの水素原子をアシル基RCO−で置換した化合物の総称。通常カルボン酸アミドを意味するが,カルボン酸をスルホン酸に置き換えたスルホンアミドなどを含めていうこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんアミド【酸アミド acid amide】

アンモニアNH3分子の水素原子をアシル基RCO-で置換した化合物の総称で,単にアミドamideともいう。置換された水素の数に応じてそれぞれ第一アミド,第二アミド,第三アミドと呼ぶが,ふつう,酸アミドといえば第一アミドをさす。 RCONH2   第一アミド (RCO)2NH  第二アミド (RCO)3N   第三アミド第一アミドのアミノ基の水素原子を1個または2個の炭化水素基で置換したものが多数見いだされており,これらはN‐置換アミドと呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸アミドの関連情報