酸アミド(読み)さんアミド(英語表記)acid amide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸アミド
さんアミド
acid amide

カルボン酸およびその誘導体アミン縮合によって生成する化合物総称。一般式 RCONH2 。アンモニアの水素をアシル基で置換した構造をもつ。無機酸から生成するものも含むことがある。製法にはカルボン酸誘導体とアミンの縮合,ニトリルの加水分解カルボン酸のアンモニウム塩の加熱,ケトオキシムの転位反応がある。酸アミドは無色結晶が多く,一般に融点が高い。中性を示す。比較的水に溶けにくい。加水分解によってカルボン酸を生じる。還元するとアミンを生成する。絹やナイロンは酸アミド系高分子化合物である。またギ酸アミドおよびホルムアミドは液体で有機溶媒として使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

酸アミド【さんアミド】

単にアミドとも。アンモニアの水素原子をアシル基RCO−で置換した化合物の総称。通常カルボン酸アミドを意味するが,カルボン酸をスルホン酸に置き換えたスルホンアミドなどを含めていうこともある。ふつう中性で,加水分解すればカルボン酸とアンモニアになる。また,亜硝酸により分解されて窒素を発生する。アセトアミドCH3CONH2,ベンズアミドC6H5CONH2,ベンゼンスルホンアミドC6H5SO2NH2などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんアミド【酸アミド acid amide】

アンモニアNH3分子の水素原子をアシル基RCO-で置換した化合物の総称で,単にアミドamideともいう。置換された水素の数に応じてそれぞれ第一アミド,第二アミド,第三アミドと呼ぶが,ふつう,酸アミドといえば第一アミドをさす。 RCONH2   第一アミド (RCO)2NH  第二アミド (RCO)3N   第三アミド第一アミドのアミノ基の水素原子を1個または2個の炭化水素基で置換したものが多数見いだされており,これらはN‐置換アミドと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android