コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずしり ズシリ

デジタル大辞泉の解説

ずしり

[副]
重い物を置くときなどにたてる地響きを表す語。ずしん。「大きな荷物をずしりと床におろす」
物を持ったときなどに重さや手ごたえを感じるさま。ずしん。ずっしり。「この箱は小さいが、ずしりと重い」「先輩の一言がずしりと胸にこたえた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずしり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
物が重く手ごたえのあるさま。ずっしり。 「 -と重い荷物」
重いものが地面に落ちたときなどの鈍い音を表す語。ずしん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ずしりの関連キーワード鳥取(市)ずしっとずしずしずっしりずしん地響き一言花火関脇地面気高

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずしりの関連情報