(読み)エイ

  • するど
  • すんど
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
鋭いこと。また、鋭いさま。
「私利を謀るの心極めて―なれば」〈田口日本開化小史
鋭い武器。また、すぐれた兵士。「を執る」「をすぐる」
常用漢字] [音]エイ(呉)(漢) [訓]するどい
よく切れる。先がとがっている。「鋭鋒(えいほう)鋭利尖鋭(せんえい)
さとくすばやい。「鋭敏気鋭新鋭精鋭
角度が直角より小さい。「鋭角
[名のり]さとき・さとし・とき・とし・はや
[形動ナリ]
するどくとがっているさま。鋭利なさま。
「四つの牙(きば)剣よりも―にして」〈太平記・二四〉
言動がとげとげしいさま。つっけんどん。
「詞―に言ひ放せば」〈浄・盛衰記
勢いが激しく、勇ましいさま。
「逞卒(ていそつ)機―なれば」〈太平記・三九〉
鋭敏なさま。
「―ナ人」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動) するどいこと。勢いが一点に集中して激しいこと。また、そのさま。⇔
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉二「然れども私利を謀るの心極めて鋭なれば」 〔老子‐四〕
② 鋭い武器。
※和玉篇(15C後)「鋭 エイ ホコ」 〔書経‐顧命〕
③ えりすぐった、勢いの強い軍隊。精鋭。〔漢書‐呉王濞伝〕
〘形動〙 (形容動詞の語幹「するど」の変化した語という) 機敏でこざかしいさま。こすっからいさま。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「され共花車(きゃしゃ)かって、おとなしく、すこしすんどに、みゆる時もあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鋭の関連情報