コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


つば

鍔とも書き,刀盤ともいう。柄 (つか) を握るこぶしを防護するため,刀身と茎 (なかご。→ ) の境である (まち) にかける刀装具。古くは上古時代古墳出土の『金銅装環頭大刀』や頭椎大刀 (かぶつちのたち) の金銅倒卵形鐔,鉄装頭椎大刀の鉄製倒卵形鐔がある。奈良時代の鐔はその様相を一変して,正倉院宝物の『金銀鈿荘唐大刀』にみられるように分銅形の唐鐔がつき,『金銀荘大刀』の類には金銅帽額形鐔や木葉形鐔,『黒作大刀』の鐔はすべて分厚い鉄喰出鐔である。平安時代以降公家儀仗の飾太刀細太刀の鐔は唐鐔をもっぱら用い,武家太刀の黒漆太刀や革色太刀には練り革の帽額形鐔がつき,兵庫鎖太刀には金銅猪目透かしの四葉形鐔 (葵鐔) を普通とする。室町時代末期以降,太刀と腰刀に代り打刀 (うちがたな) と脇差の盛行によって,鐔の材質や意匠にも画期的な変化が起り,また鐔,小道具を専業とする金工が出現,諸国に各流派が発展した。鐔に作者銘を切るようになったのも室町時代末期からである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


つば

刀装の一具。鍔とも書く。『本朝軍器考』には都美波(つみは)の音の詰まったものとあるが明らかではない。鐔は柄(つか)を握る手が刀身のほうへ滑らないため、また相手の攻撃から自らの手を保護するための盤状の装具であるが、最大の役割は刀剣のバランスを整えることにある。古今を通じて大小、形状、材質、技法とも変化に富み、奈良時代までは小さく、分銅(ふんどう)形のものなどもあるが、それ以降は直径8~11センチメートル程度で、円形を基本に角形、撫角(なでがく)形、木瓜(ぼけ)形、葵(あおい)形などがある。材質は鉄が主であるが、銅、黄銅、朧(おぼろ)銀、金銅などのほか、鎌倉・室町期には鉄板を革で包んだり、数枚の革を貼(は)り合わせて漆で固めたものなども出現した。加飾技法としては透(すかし)彫り、鋤出(すきだし)肉彫り、片切(かたきり)彫り、毛彫り、肉合(ししあい)彫り、平象眼(ひらぞうがん)、布目(ぬのめ)象眼、色絵など種々の金工技法が駆使されている。
 古墳出土の直刀(ちょくとう)につく倒卵形の鐔や、奈良時代以降の文官が佩用(はいよう)した儀仗太刀(ぎじょうたち)(飾剣(かざたち))につく唐様式の唐(から)鐔、また平安時代以降の武官の兵仗(ひょうじょう)太刀(衛府(えふ)太刀)につく葵(あおい)鐔など太刀拵(ごしらえ)の金具の一具としてのものや、これら太刀に用いられた練革(ねりかわ)鐔とか障泥(あおり)形鐔などは別にして、現在一般に鑑賞の対象としている鐔は、室町時代以降の、太刀にかわって刀剣の主流を占めるに至った打刀(うちがたな)(日本刀)につく鐔である。
 打刀鐔には、初めは単なる丸形の鉄板鐔であったものに梅や桜の小透(こすかし)がつけられて透鐔に発展していった系統と、高彫りや毛彫りを施した太刀鐔から変化したものとの二様があり、やがてこの両者が相混じって、単に刀装の一具としてでなく独立した工芸品へと発展を遂げ、室町中期になって正阿弥(しょうあみ)のような鐔造りの専門金工が現れた。この一派は江戸時代には伊予、京、会津、庄内(しょうない)、江戸をはじめ全国的に広がる最大の流派となっている。ちなみに専門金工の出現する前の室町前期には、甲冑(かっちゅう)師や刀匠が余技的に鐔を制作したといわれ、その作品も現存しているが、これは分類上の仮説であって、実証されたわけではない。室町後期では、後藤祐乗(ごとうゆうじょう)の名も特筆される。後藤家はのちに多くの分家を擁し、明治まで17代続いて、わが国の刀装ならびに彫金に多大の影響を及ぼした。
 桃山期になると、厚手の鐔に独特の毛彫り文様を施す信家(のぶいえ)、絵画的構図を得手とした金家(かねいえ)、色彩に富む色金を使い平象眼で文様を表現する埋忠明寿(うめただみょうじゅ)などが現れ、鐔の芸術性を一挙に高めている。京透鐔、尾張(おわり)透鐔、古萩鐔などの透鐔も桃山期初期のものである。
 江戸期に入るとまず九州肥後(熊本県)に肥後鐔がおこって、林、西垣、志水、平田などの諸派が繁栄するが、一般に鐔などの装剣金工に名人上手といわれる人物が輩出したのは江戸後期になってからで、元禄(げんろく)を過ぎて刀鍛冶(かじ)が急速に衰退したことに反比例している。後藤家の流れをくむ江戸の横谷宗(よこやそうみん)、奈良三作といわれた利寿(としなが)、乗意(じょうい)、安親(やすちか)、京の一宮長常(いちのみやながつね)、また幕末には後藤一乗、加納(かのう)夏雄などの名工を数える。透鐔には赤坂鐔、長州鐔、越前(えちぜん)記内などに優作が多い。1876年(明治9)の廃刀令後には、とくにみるべき作品はない。[小笠原信夫]
『小笠原信夫著『鐔』(保育社・カラーブックス) ▽若山猛著『刀装小道具銘字大系』全3巻(1978~79・雄山閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鐔の関連キーワード神吉 寿平(3代目)安藤宜時(初代)高橋記内(2代)一柳友善(初代)上田忠左衛門葵鍔・葵鐔練鐔・煉鐔赤坂忠時赤坂忠正志水甚五伊藤正方岡本友次河治友周甲冑師鐔平田彦三青木金家埋忠明寿三斎彫練革鐔南蛮鐔

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鐔の関連情報