コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長柄[町] ながら

2件 の用語解説(長柄[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

長柄[町]【ながら】

千葉県中央部,長生(ちょうせい)郡の町。大部分丘陵地で,林野が多い。米を産し,シイタケなどの林産物も多い。電気関係などの工場もある。茂原市原の2市にはさまれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながら【長柄[町]】

千葉県中部,長生郡の町。人口8846(1995)。房総丘陵の北部にあり,太平洋に注ぐ一宮川,東京湾に注ぐ村田川の分水界を占める。一宮川流域の南部には水田が多く,北部には丘陵が広がる。産業の中心は農林業だが生産性は低い。シイタケ,たけのこなども産する。自然休養村センターを中心にいも掘り,クリ拾いなど観光農業の振興が図られている。北西部の村田川上流には長柄ダム(市津湖)がつくられた。飯尾寺の木造不動明王座像は重要文化財に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone