長者ヶ原遺跡(読み)ちょうじゃがはらいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長者ヶ原遺跡
ちょうじゃがはらいせき

新潟県糸魚川市一ノ宮にある縄文時代中期の土器を主体とする遺跡。土器,石器土偶などが発見されているが,硬玉原石を出し,その加工が行われていたことを示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうじゃがはらいせき【長者ヶ原遺跡】

新潟県糸魚川市一の宮の南部丘陵上の緩傾斜地,標高約90mにある縄文前期から後期初頭までの遺跡。特に中期前半がその主体で,越後的な土器と北陸的な土器の特徴が合一的にみられる土器は〈長者ヶ原式土器〉と呼ばれる。明治中ごろから地元好事家が土器と硬玉(ヒスイ)が出土することに注目して以来,かなりの量の硬玉原石や硬玉製品が採集されている。1954年以来5次にわたる発掘調査が行われ,7基の竪穴住居址が検出され,人面・獣面把手,火焰形土器を含む多量の土器,石鏃石斧石匙石冠などの石器類,硬玉製大珠や多量の硬玉原石,砂岩,蛇紋岩製の攻玉砥石,蛇紋岩製の石器素材などが出土している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

ちょうじゃがはらいせき【長者ヶ原遺跡】


新潟県糸魚川市一ノ宮にある硬玉(こうぎょく)製作跡。JR糸魚川駅から約1.8km離れた、姫川流域に近い標高80mほどの丘陵上に所在する。1954年(昭和29)からの3回にわたる発掘調査の結果、住居跡・炉跡などの遺構が発見され、多量の硬玉原石とその加工品をはじめ、砥石や擦り切り用石器なども出土し、縄文時代中期の硬玉製作跡であることが判明した。姫川の上流、小滝川には硬玉原産地(天然記念物)があり、この渓谷から採取した原石を加工したものと考えられている。この時期の代表的な遺物である硬玉製大珠は、北陸地方を中心とし、中部、関東地方に広く分布するが、この遺跡はその製作遺跡の一つであり、学術的価値が高いことなどから、1971年(昭和46)に国の史跡に指定され、1985年(昭和60)に追加指定を受けた。JR北陸本線ほか糸魚川駅から徒歩約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長者ヶ原遺跡
ちょうじゃがはらいせき

新潟県糸魚川(いといがわ)市一ノ宮字(あざ)長者ヶ原所在の縄文文化中期の硬玉製鰹節(かつおぶし)形大珠(だいしゅ)製造址(し)をもつ集落遺跡。姫川(ひめかわ)右岸の河成段丘上にあり、姫川の転礫(てんれき)中の硬玉原石を採集、玉砥石(たまといし)を使って研磨整形したものと思われる。1954年(昭和29)から58年にわたる三次の発掘調査で、竪穴(たてあな)住居址内から多量の硬玉原石、研磨中途の未製品、玉砥石などが発掘された。しかし三次にわたる発掘品中には黒褐色の滑石製大珠1点が出土したのみで、硬玉製大珠の製品は発見されなかった。その理由は、ここで製作された大珠の多くは交易物資として中部、関東、東北地方などへ供給され、手元に残らなかったからであろう。今日まで、この発掘調査前に数例の本遺跡発見品が知られている。国指定史跡。[江坂輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android