コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雇用・利子および貨幣の一般理論 こよう・りしおよびかへいのいっぱんりろんThe General Theory of Employment, Interest and Money

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雇用・利子および貨幣の一般理論
こよう・りしおよびかへいのいっぱんりろん
The General Theory of Employment, Interest and Money

1936年に公刊された J.M.ケインズの主著。 1920年代のイギリスの不況や 30年代の世界的不況を背景に古典学派新古典学派経済学との対決として書かれた。おもな内容は所得決定理論としての乗数理論と利子率決定理論としての流動性選好説とから成る。乗数理論とは投資の増加に応じる所得の増加の過程をとらえたもので,古典派の理論が貯蓄と投資の利子率を媒介とした均等化を論じたのに対し,所得の変化を媒介として貯蓄と投資が均等化することを主張した。また投資誘因の一つとしての利子率の決定は,古典学派が主張したように貯蓄,投資によって決るのではなく,貨幣需要関数である流動性選好関数と中央銀行の政策による貨幣供給により決ると主張した。これらの理論により新古典学派の雇用理論を批判し,不完全雇用下の均衡の可能性を説き,さらに不況からの脱出のためには国家の経済への積極的介入が必要であると主張した。また方法論的には所得分析ともいわれるマクロ分析が中心であり,動態的要素を多分に含んでいるが,形式的には経済全体としての均衡状態を問題としているため静学分析である。また資本ストックの変化,完全雇用水準の変化を考慮しておらず,短期分析である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

雇用・利子および貨幣の一般理論【こようりしおよびかへいのいっぱんりろん】

英国の経済学者ケインズの主著。《The General Theory of Employment,Interest and Money》。1936年刊。不完全雇用の下でも均衡が成立することを論証して,不況に悩む資本主義社会で完全雇用をもたらす理論を与え,近代経済学に新生面を開いた。〈供給はそれと等しい需要を作り出す〉という古典派以来のセーの法則を否定し,貯蓄投資の所得決定理論と利子についての流動性選好説とを基礎とする。
→関連項目マクロ経済学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

雇用・利子および貨幣の一般理論の関連キーワードストレーチー(Evelyn John St. Loe Strachey)ハンセン(Alvin Harvey Hansen)ジョン・M. ケインズポスト・ケインジアン賃金インフレーションマクミラン委員会有効需要の原理ケインズ経済学補整的財政政策資本の限界効率塩野谷 九十九ISLM分析ケインズ革命消費関数論争新古典派総合S. ゲゼルケインズ学派中山伊知郎価格と生産貸付資金説

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android