コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑魚寝 ざこね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑魚寝
ざこね

大勢の男女が入り交って雑魚のように寝ること。関西の花街で客と芸妓などが1室に寝ることをいったことから始った。大和の十津川 (奈良県) や山城大原 (京都府) などでは,定日に一定の場所に男女が枕席をともにする民間習俗をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ざこ‐ね【雑魚寝/居寝】

[名](スル)
大勢の人が雑然と入り交じって寝ること。
節分の夜などに、村の老若男女が神社などに集まって共寝した風習。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざこね【雑魚寝】

おおぜいの男女が一堂に集まって,雑魚(ざこ)のように入りまじって寝る風習をいう。年越しの夜,宵宮(よみや)や節の変り目の行事におけるおこもりの際に行われた。西鶴好色一代男》(1682)に〈今宵は大原の里の雑魚寝とて〉と記されて名高い大原(おはら)の雑魚寝は,京都大原の江文(えぶみ)神社の拝殿でかつては節分の夜に行われた。宵宮は今では本祭の前夜祭のように考えられているが,本来祭りは神の降臨する真夜中に行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ざこね【雑魚寝】

( 名 ) スル
何人もの人が入り交じって寝ること。
年越しの夜や神社の宵祭りのときなどに、社などに男女が集まって一夜を明かした風習。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雑魚寝の関連キーワード共寝一夜県祭

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑魚寝の関連情報