コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯南[町] いいなん

3件 の用語解説(飯南[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

飯南[町]【いいなん】

三重県中央部,飯南郡の旧町。櫛田川中流部を占め,和歌山街道(国道166号線)が松阪から通じる。伊勢茶栽培の中心地で,木材,シイタケも産する。松阪牛の生産地。2005年1月一志郡嬉野町,三雲町,飯南郡飯高町と松阪市へ編入。

飯南[町]【いいなん】

島根県東部の飯石郡の町。神戸川の上流域を占める。2005年1月飯石郡頓原町,赤来町が合併し町制。国道54号線,184号線が通じる。242.88km2。5534人(2010)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いいなん【飯南[町]】

三重県中部,飯南郡の町。人口6528(1995)。紀伊山地に属する山地にあり,町の中央部を東流する櫛田川に沿って段丘が発達する。櫛田川の谷沿いに国道166号線(和歌山街道),368号線が通じ,耕地と集落が分布する。基幹産業は林業で,伊勢茶栽培の中心地でもあり,シイタケも産する。町の大部分は香肌峡(かはだきよう)県立公園に含まれ,渓流と緑につつまれた自然美を呈している。来迎寺医王寺,道専寺などの古寺があり,来迎寺の銅鐘と粥見本郷のかんこ踊は県文化財に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飯南[町]の関連キーワード雲出川坂下久居三重県三重大学名張水銀粉松阪度会壺屋紙

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone