コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯坂温泉 いいざかおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯坂温泉
いいざかおんせん

福島県福島市の北部,飯坂・湯野両温泉を含み,摺上川 (すりかみがわ) の谷をはさんで広がる観光温泉地。温泉は河床から電力で汲上げる。泉質単純泉硫酸塩泉硫黄泉泉温 50~70℃。宮城県の秋保温泉鳴子温泉とともに奥州三名湯の1つで,歓楽的色彩が強い。『奥の細道』で知られる鯖湖湯のほか,波湖湯,滝湯などの共同浴場がある。磐梯吾妻スカイラインの観光基地でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いいざかおんせん【飯坂温泉】

福島市北部にある温泉。阿武隈あぶくま川支流の摺上すりかみ川中流にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕飯坂温泉(いいざかおんせん)


福島市北部にある行楽向きの温泉。阿武隈(あぶくま)川支流の摺上(すりかみ)川河畔にわく。東岸の湯野(ゆの)、西岸の飯坂で大温泉街を形成。宮城県の鳴子(なるこ)温泉・秋保(あきう)温泉と並ぶ奥州(おうしゅう)三名湯の一つ。吾妻(あづま)山など福島市周辺観光の基地で、摺上川上流に穴原(あなばら)・天王寺(てんのうじ)の2温泉がある。カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。泉温76.5℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯坂温泉
いいざかおんせん

福島県北部、福島市にある温泉。鎌倉時代にすでに利用されていたとみられ、松尾芭蕉(ばしょう)や白河(しらかわ)藩主松平定信(さだのぶ)らも入湯したという。摺上(すりかみ)川の両岸から湧出(ゆうしゅつ)し、泉質は単純温泉。設備は大規模化し、付近にはリンゴ、モモの果樹園が多く、大鳥城跡、天王寺、医王寺などがある。福島交通飯坂線飯坂温泉駅下車。[原田 榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

飯坂温泉の関連キーワード日本のおもな郷土玩具福島県福島市飯坂町みちのく殺意の旅福島交通飯坂線穴原天王寺温泉福島県福島市福島(市)橘川 司亮飯坂小唄福島県大鳥城西根堰原田秋保

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯坂温泉の関連情報