飯坂温泉(読み)いいざかおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯坂温泉
いいざかおんせん

福島県福島市の北部,飯坂・湯野両温泉を含み,摺上川 (すりかみがわ) の谷をはさんで広がる観光温泉地。温泉は河床から電力で汲上げる。泉質単純泉硫酸塩泉硫黄泉泉温 50~70℃。宮城県の秋保温泉鳴子温泉とともに奥州三名湯の1つで,歓楽的色彩が強い。『奥の細道』で知られる鯖湖湯のほか,波湖湯,滝湯などの共同浴場がある。磐梯吾妻スカイラインの観光基地でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いいざかおんせん【飯坂温泉】

福島市北部にある温泉。阿武隈あぶくま川支流の摺上すりかみ川中流にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕飯坂温泉(いいざかおんせん)


福島市北部にある行楽向きの温泉。阿武隈(あぶくま)川支流の摺上(すりかみ)川河畔にわく。東岸の湯野(ゆの)、西岸の飯坂で大温泉街を形成。宮城県の鳴子(なるこ)温泉・秋保(あきう)温泉と並ぶ奥州(おうしゅう)三名湯の一つ。吾妻(あづま)山など福島市周辺観光の基地で、摺上川上流に穴原(あなばら)・天王寺(てんのうじ)の2温泉がある。カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。泉温76.5℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯坂温泉
いいざかおんせん

福島県北部、福島市にある温泉。鎌倉時代にすでに利用されていたとみられ、松尾芭蕉(ばしょう)や白河(しらかわ)藩主松平定信(さだのぶ)らも入湯したという。摺上川(すりかみがわ)の両岸から湧出(ゆうしゅつ)し、泉質は単純温泉。設備は大規模化し、付近にはリンゴ、モモの果樹園が多く、大鳥城跡、天王寺、医王寺などがある。福島交通飯坂線飯坂温泉駅下車。[原田 榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いいざか‐おんせん いひざかヲンセン【飯坂温泉】

福島市飯坂にある温泉。阿武隈川支流の摺上(すりかみ)川右岸にある。古くから開け、「奥の細道」で芭蕉が泊まったのは今の鯖湖湯(さばこゆ)付近であったといわれる。泉質は芒硝(ぼうしょう)泉・単純泉。神経痛、リウマチ、外傷にきく。奥州三名湯の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯坂温泉の関連情報